仲介手数料が無料のカラクリ

>

仲介手数料無料にはこんな仕組みが

仲介手数料とは何か

そもそもの問題で仲介手数料とは何かご存知でしょうか。
実際に払ったことをある人も多いと思います。
大家さんとのやり取りを間に入ってもらうからそのための手数料というイメージが強いものですが、それだけではないのです。
物件を借りるときに関わる全ての費用面を指すと思っていただければと思います。
例えばですが、知らない土地にきて土地勘もなく困っている状態で物件を借りなければならない状態にあるときに皆様はどうしますか?
ネットが普及している時代なので自分で調べることも可能ですが、大体は不動産会社へ行きますよね。
その時に内覧に付き合ってもらったり、入居に関わる書類の手続きをしてくれたりと不動産会社のサポートを受けるための費用です。
仲介手数料自体は入居が決まれば支払うものなので、決まらなければ支払わなくてもいいものではあります。

仲介手数料の流れ

では仲介手数料とはどのような流れで支払われるのでしょうか。
先ほど入居が決まったら支払われるお金と話をしましたが、これは借主が支払う金額と貸主が支払う金額と別れております。
通常であれば双方とも同額を不動産会社へ支払うお金となっております。
この支払う金額自体は不動産会社が管理している物件で入居が決まった場合に双方が支払うものです。
しかし、不動産会社が管理している物件でいい物件がない場合はどうなのでしょうか。
管理物件以外の物件も探して入居まで取り付けた場合、仲介手数料は借主の負担となります。
貸主は支払うことはありません。
金額自体はどちらも同じくらいかかってくるのですが、手数料の値下げなどの交渉の余地がある前者のほう手数料を支払う際は安く抑えることが出来る可能性があります。


この記事をシェアする