仲介手数料が無料のカラクリ

>

仲介手数料を取るためのルール

仲介手数料の取り決めルール

仲介手数料を取るためには法律で決まったルールが存在します。
仲介手数料は原則として家賃の半月分に消費税を加算した額までと決められています。
それを貸主、借主双方からとるので1か月分の家賃が不動産会社に入ってくる手数料の金額となります。
また、この仲介手数料は賃借の場合のみならず、売買の時にも発生してきます。
売買の時は新築、中古の戸建て、土地の売買において400万円を超える場合ですが、売買金額の3パーセントに6万円と消費税を加算した金額が上限となります。
この仲介手数料が発生しない場合もあります。
売り主から直接購入をした場合は仲介手数料が発生しないです。
当然のように思えますが、重要なことです。
直接の売買で仲介手数料は発生しないので、もし請求をされても支払う必要はもちろんありません。

こんなことも多い

さて、皆様へ質問です。
仲介手数料を支払ったことのある方はどのくらいの手数料を支払いましたか?
1か月分支払ったことのある方も多いのではないのでしょうか。
この場合は大家さんと借主の間で承諾を得ている場合1か月分負担をすることが出来ます。
折半する部分をどちらか片方が負担するということです
手数料無料のカラクリも同じ仕組みです。
ルール通りではあるのですが、半月分で大丈夫なので多く払いすぎている可能性があります。
そのように請求をされたときは値引きの交渉する余地もあります。
しかし、顧客を多く抱えている業者であれば1か月分支払える人に優先権を与える可能性があります。
値引き交渉自体は1件でも多く成約をしたい業者へ行うのが無難かと思われます。


この記事をシェアする